住信SBIネットカードローンの審査について

i926

カードローンを利用するには個人の返済能力を審査されます。これに通過できなくてはカードローンを利用することはできません。カードローンを提供している貸金業者や金融機関はたくさんあるので、自分の条件で通過できそうな会社を選択して申込みをする必要があるでしょう。

ただ、「基準がゆるい=金利が高い」となるので、どこに申込みをしようかと悩んでしまう人が大勢います。そこで、低金利かつ審査が比較的ゆるい融資先を紹介しましょう。それは住信SBIネットカードローンです。ご存知の方も多いでしょうが、住信SBIネット銀行というインターネットバンキング不が提供しているカードローンです。IT系とはいえ通常の銀行と同じですので、信頼性はもちろん、低金利を実現しています。

そもそも銀行系カードローンは、低金利で融資をすることを目的としているので、審査が厳しいことで有名なのですが、住信SBIネットカードローン至っては例外です。通常は契約するまでに数日を有しますが、住信SBIネットカードローンの場合は口座保有者に限り即日審査を可能としており、その日の内に融資を受けることもできます。

そのため、銀行系のカードローンの中では、基準はかなり緩くなっているのが有名です。それに加えて低金利ですから、申込みをしてみる価値はあるでしょう。安全、低金利、借りやすさが特徴ですので、迷った時には住信SBIネットカードローンを選んでみてください。ちなみに、新規契約者なら最大2ヶ月無利息で融資を受けられるお得さもあります。

 

 

企業が融資を受けるために必要なこと

住信SBIネットカードローンについて、かいつまんで説明してきましたが、ここからは企業が銀行から融資を受ける際、何が大切なのかという事についてご説明させて頂きます。

金融機関に接触する場合、飛び込み申請は避けるべき

融資をお願いしたい場合、よくあるのが飛び込みで金融機関にお願いにいくケースです。何も考えずに銀行に飛び込んで融資審査のお願いを行うと、最初から経営が悪化した事による融資のお願いではないかと銀行側に警戒されてしまいます。銀行側としても、経営が悪化した企業に対しては慎重です。当然、企業が成長するための前向きな融資を行いたいと考えるのが世の常です。ですので、金融機関に接触する場合は、税理士や司法書士など、予め接触のある方からの紹介という形で金融機関に接触するようにしましょう。

消費者金融などのノンバンクより借入がある場合は返済した後に融資申請を行う事

消費者金融などのノンバンクに借入がある場合は、まずこれらの借入をすべて返済する事です。銀行はノンバンクから借入がある企業はとても危険な企業と判断してしまう事が多く、これだけで融資不可と判断されてしまうケースも少なくありません。ノンバンクからの借入はすべて返済しておくようにしましょう。

銀行が審査する重要ポイント

銀行が企業に融資可否を判断する重要なポイントは主に次の内容になります。

  • 返済能力の確認
  • 返済不可に陥った場合の担保・保証の確認

重要なのはこの2点です。そして審査するにあたり、欠かせない書類が、「貸借対照表」、「損益計算書」、「キャッシュフロー計算書」の3つの書類です。これら3つの書類は企業の決算書と呼ばれます。企業経営状態は、この3つの書類で判断する事が出来るのです。

3つの書類で分かる経営状況

ではこの3つの書類で何が分かるのでしょうか。簡単にご説明すると次の通りです。
貸借対照表:どこから必要資金を調達し、何に使用しているのかを示します。
損益計算書:1年間の儲けを示します。
キャッシュフロー計算書:お金の増減の原因を示します。

返済能力の確認には「キャッシュフロー計算書」が重要

返済能力として確認される重要な書類は「キャッシュフロー計算書」です。キャッシュフローの中でも、主に「営業キャッシュフロー」を重視します。この「営業キャッシュフロー」とは、本業の取引の中で利益・損益がどの様な状態にあるかという事を確認します。普通、商品やサービスを提供してからその対価を回収するまで、ある程度の時間が必要です。このある程度の時間が長く、手元のキャッシュが増えていかなければ、仕入代金の支払いや借入金の返済をするために、資金を借り入れる必要が出てきます。この手元のキャッシュが無くなる様な経営状態であると、たとえ売上が高くても「キャッシュフローが悪い」と判断され融資不可という結論になる可能性があります。返済能力を証明するには、このキャッシュフローを良くする。つまり、手元の資金を常に増やしていく様な経営体質に変える事が必要な条件となります。そのために、仕事が完了すれば、直ぐに代金を支払ってもらうなどの売り上げ処置を行っていき、現金を増やしていく必要があります。

担保・保証の確認

所有資産を処分して返済出来る能力を指します。資金繰りの悪化等で返済能力が無くなった場合に、その企業が所有している資産を処分して、果たしていくら程度なら返済出来るのかという確認を行います。言わば、担保となり得るものです。土地や建物等といった不動産担保、株等の有価証券担保、定期預金などの預金担保が多ければ多いほど、それだけ融資してもらえる可能性が高くなります。

格付制度による企業評価

返済能力や担保・保証に関しては上記で述べた通り、経営の資金繰りや、担保・保証などの状況により判断されます。ここではさらに細かい評価制度についてお話しします。銀行の多くは格付制度と呼ばれる評価方法(スコアリングシート)を広く採用し、企業に融資可能かどうかを判断しています。スコアリングシートとは、色々な項目に点数を付け、その総合点数により融資が可能かどうかを客観的に判断する審査基準となります。その審査を行う上で主に2つの要素があります。それが次の通りです。

  • 定量評価による判断
  • 定性評価による判断

財務指数(資本金や自己資本比率など)を評価に換算する定量評価

定量評価による判断として使用される内容が次の通りです。
【1】収益性に対する評価
売上に対してどれだけ経常利益を上げているのかを示す売上高経常利益率。
資本を投じた事により、どれだけ利益を得たかといった資本の運用効率を示す総資本経常利益率。
何年に渡り黒字が続いているのかといった収益フロー。

【2】安全性に対する評価
企業力を示す自己資本比率。
資金調達にあたり、借入金が自己資本と比較しどれくらい大きいかを示すギアリング比率。
固定資産を長期資産で賄えているかを示す固定長期適合率。

【3】成長性に対する評価
前期末と当期末の経常利益を比較して、拡大の規模を測定する経常利益増加率。
自己資本額の増加の有無。
企業の成長性を示す売上高。

【4】返済能力
流動負債を流動資産がどの程度カバーできているかを示す流動比率(キャッシュフロー)
企業の利息の支払能力を測るインタレスト・ガバレッジ・レシオ。
この様な細かな内容に対して、銀行は企業を点数で評価し、融資の可否を決定しています。

市場動向、経営者・経営状態、営業基盤、競合状態を評価する定性評価

都市銀行以外の地方銀行や信用金庫では、この定量評価70%、定性評価30%の割合でこの評価制度を取り入れています。なぜなら、地方銀行や信用金庫は多くの中小企業が利用しており、経営に関する将来性の有無を評価する事も重要な内容であるからです。これらの内容は、銀行の担当者が主観的にポイント化する事が多く、この点では都市銀行と評価の制度は異なると言えます。

資金の使い方は明確にする事が重要

融資を受ける重要なポイントとしての企業の経営状態や体質又はスコアリングシートによる評価方式は上記の通りです。しかし、もう一つ重要な要素があります。それは融資を受けて何に使用するのか?という資金使途が明確になっているかどうかという点です。いくら黒字の企業でも、業績が優秀な企業でも、ただ融資を受けたいだけでは銀行から融資を受ける事は出来ません。そこには、しっかりとした目的が必要です。例えば事業の拡大における開発資金であったり、敷地を拡大するための費用であったり、明確な理由がなければ銀行から融資を受ける事は不可能と言えます。

関連企業等の関係を明確にする

銀行が融資を行う上で恐れている事の一つに融資金の流用です。これは関連企業がお金を借り、実際に経営が苦しい関連企業へ融資金を横流ししてしまうケースです。この様な事態は頻繁に発生しており、関連企業がある場合は、そこを疑ってきます。融資をお願いするにあたり、自分の関連企業等はしっかりと開示し、説明する事で融資を受けるための評価は上がると言えます。
意外と通過する再申請
もし、ある銀行のある支店に融資申請を行ったが融資不可の判断が出たとしましょう。この場合、この銀行はどの支店でもすべて申請は通らないとお考えの方も多いのではないでしょうか。個人のカードローンなどであればこれはほぼ確実に言える事ですが、企業に対する融資は意外とそうではありません。別の支店で融資申請を行ったら、審査が通過したという事が結構あるようです。銀行内ではあまり審査落ちの企業情報などは繋がっていない様です。どの銀行でも同じかと言えば、一概にそうではありませんが、その様な銀行もあります。

この様に企業が融資を申請する際には、様々な事に繊細な注意を払って臨まなければなりません。これから融資を申請する企業の方々に少しでも参考になれればと思います。是非頑張って申請してみて下さい。

 

 

結婚式ローンとはどのような物でしょうか

結婚式ローン、ブランダルローンというものを知ったのは当時付き合っていた主人と具体的に結婚の話が出てからです。結婚するとなると、結婚式に新婚旅行などなど、まとまったお金が必要になります。自分達の貯金で出せる金額ではありませんでした。

結婚式ローンは住宅ローンと同じような目的ローンですから、一般的な借金よりは金利が低いメリットがあります。金融機関によって様々ですから比較検討する事が必要です。このローンで借りたお金はどんな事にでも使って良い訳ではなく、結婚式や披露宴、新婚旅行、結婚・婚約指輪購入の金額など条件がありますから確認が必要です。

多くの結婚式ローンは結納金や結婚のための引越し費用には使えないですから事前に注意するようにしましょう。また、目的ローンですから審査があります。

一般的には安定した収入のある方しか審査に通りません。税込み年収の基準など出ている場合もありますから確認しましょう。審査に通ることも重要ですが無理なく返済出来ることがなにより大切です。返済する計画を立てて、無理のないローンであるか計算する事も大切です。

また、一括返済出来るかどうか、そのさいの手数料についても確認しましょう。実際、思った以上に沢山のご祝儀がいただけ一括返済しました。借金をしているとその分金利が付きますから、一括返済したことで長期借入しているより金利が減りました。

思い切って一括返済出来たのは良かったです。一括返済しなくても無理のない範囲の借金でしたから自分達の計画通りに式や披露宴が出来て良かったです。

グルコサミンの効能の真実

j011

グルコサミンはアミノ酸の一種で、関節や骨格の再生を補助する物と言われています。現在医学的効果を認める論文はありますが効果がないとする論文も存在していますので、はっきりとした効果が良くわからないアミノ酸でもあります。

ただ、軟骨や関節液にグルコサミンは構成材料として組み込まれていることは確かです。他にも海老や蟹の殻に含まれるキチン質の構成材料であり、様々な部位に使用されている為、体には欠かせないものであるのは確かと言えます。問題は、経口摂取した場合そのまま吸収されるのかと言う事です。

構造はブドウ糖に似ているのでそのまま吸収される可能性も少なからずありますが、それは関節の構成材料に使われるのか、という疑問も生まれてしまいます。

グルコサミンはサプリメントにもなっています。軟骨の再生を助けると言う意味での健康補助ですが、こちらも怪しい部分があります。食道からグルコサミンが血流の流れに乗る事に成功したとしても、軟骨には血管がないため届きません。物理的に無理なためサプリメントとしては疑問点を感じさせます。

このように様々な効果に疑問が生まれている現状では、正しいか否かを判断することが困難だというのが現状です。体内にとって必要というのはわかりますし、必要とされる場所に届いたら材料として役に立つ可能性はあるのですが、血管がない場所だったり、他の場所の建材になったり、どうも矛盾点が多すぎて困ります。

ただ言える事は、必要とする場所に届くのであれば、効果を発揮する可能性はある、と言う事です。

 

小林製薬のグルコサミンで健康になろう

近年の健康思考の高まりに伴い、様々な健康食品やサプリメントが販売されるようになりました。誰もが健康に歳を重ねていきたいと思うものですが、これだけたくさんの健康食品やサプリメントが販売されていると、どれが良いのか分からなくなりがちです。

また、健康食品やサプリメントにはそれぞれ成分やその効果が異なります。ゆえに、自分が今困っている痛みや辛いことに効果的な商品を購入するのが良いでしょう。例えば、年々歳を重ねるごとに症状が出やすいのが、腰・膝の痛みや関節痛です。これらの症状には、グルコサミンという成分が効果的だと言われています。そのグルコサミンを最も多く配合したサプリメントを販売しているのが小林製薬です。

グルコサミンは、日常生活に必要な動作をよりスムーズに行うことができるよう体内に働きかけてくれます。小林製薬の商品には、1日あたりのグルコサミン量が1760mgも含まれています。加えて、美容成分のコラーゲンも含まれています。ゆえに、健康になりながら美容にも効果を得ることができるのです。また、大手製薬会社の研究、開発による商品なので、安心して摂取することができるのも魅力的です。

階段を登るのがつらい、腰や膝の痛みが取れないといった方に大変おすすめの商品になっています。値段もリーズナブルで、毎日続けやすい価格に設定されています。購入する際は、ドラッグストアなどの店頭、もしくはインターネット通販で手に入れることができます。